パーソナルコンピュータとはどう違うのか

パーソナルコンピュータとはどう違うのか

タブレットは、パーソナルコンピュータとほぼ同じ機能を持ちます。単純なインターネットの利用、ウェブサイトの閲覧、メールの送受信、インターネットショッピング、動画サービスの視聴など、パーソナルコンピュータができることは、ほとんどできるといっていいでしょう(ただし、性能面で不可能なことは不可能になります)。つまり、パーソナルコンピュータがなくても、タブレットがあれば十分代わりになるということです。

ただし、性能面のほかに注意しなければいけないこともあります。それは、パーソナルコンピュータ用のアプリケーションが基本的に使えなくなるということです。タブレットとパーソナルコンピュータは同じOSではありませんから、当然アプリケーションが両方で動作するということはないのです。タブレットを扱う際は、タブレットのOS用のアプリケーションをインストールする必要があります。そのため、今まで使い慣れていたパーソナルコンピュータのアプリケーションを、タブレットでそのまま使うことはできないわけです。

しかし、タブレットにもさまざまなアプリケーションが出回っているので、インターネット利用に不便が出ることはないと思われます。ただし、パーソナルコンピュータとまったく同列に考えることは避けておきましょう。

    Copyright(C) PC要らず?タブレットを使いこなそう! All Rights Reserved.