2通りのインターネット接続方式

2通りのインターネット接続方式

タブレットには、主に2通りの、インターネット接続方式があります。1つには、キャリアとの契約により回線が使えるようになる「通信機能内蔵モデル」、もう1つには、キャリアとの契約の必要がない「Wi-Fiモデル」があります。「通信機能内蔵モデル」は、それぞれのキャリアごとの携帯電話を利用できる環境があれば、そのままインターネットを利用することができます。いつでもどこでもインターネットのさまざまなコンテンツを利用することができるので、「通信機能内蔵モデル」の方が、「Wi-Fiモデル」よりも利便性は高いといえるでしょう。

「Wi-Fiモデル」は、その名の通り、Wi-Fiを利用してインターネットに接続することができるモデルです。逆にいえば、Wi-Fiを利用しなければならず、Wi-Fiがない環境では、インターネットを利用することができないといえます。そもそも、Wi-Fiとは何なのかというと、無線LAN規格の1つとなっています。Wi-Fiを利用するには、Wi-Fiを利用するための無線LANを自宅に導入するか、公共のWi-Fiサービスを利用しなければいけません。そのため、外出時に気軽にインターネットを利用できないので、注意しましょう。

    Copyright(C) PC要らず?タブレットを使いこなそう! All Rights Reserved.